妊活とはどういったことをするのか

妊活とはどういったことをするのか

 

 

妊活という言葉を、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

妊活とは妊娠を希望している夫婦や、今はまだ妊娠を望んではいないけれど将来的には妊娠したいと考えている女性が妊娠するために前向きに活動することです。

 

 

1.基礎体温をつける

 

妊活は、まず自分の体と向き合い自分の今の体の状態を知ることが大切になってきます。

 

そのため、基礎体温をつけることがとても大切になります。

 

 

基礎体温をつけることで自分の生理周期を知ることができます。

 

また排卵周期も知ることができますので、妊娠しやすい時期を把握することができるのです。

 

 

しかし、排卵周期に妊娠を望んで夫婦生活をしたからといっても必ずしも妊娠するとは言い切れません。

 

20代夫婦で30%、30代夫婦で20%の確率でしか妊娠することができないといわれています。

 

 

2.妊娠しやすい体つくりをする

 

体が冷えると、血行が悪くなり子宮の機能が下がり妊娠しにくい体になってしまいます。

 

そこでまずは体を冷やさないようにすることが妊娠しやすい体つくりの始まりとなります。

 

 

冷房設備での温度設定、冷たい食べ物や飲み物は体を冷やしますので注意が必要です。

 

体を動かすことで、血行が促進され体の冷えが改善されますので、適度な運動をすることが良いとされています。

 

 

お勧めする運動としては、気軽に始められる有酸素運動のウォーキングや有酸素運動と無酸素運動が同時に行える水中での運動があります。

 

脂肪は運動を始めてから20分以上しないと燃え始めないので20分以上は運動を続けると良いとされていますが、自分のできる範囲で無理なく行うことが大切です。

 

 

3.食生活の見直し

 

バランスのとれた食事は健康な体を作る基礎となります。

 

健康な体は妊娠しやすい体です。

 

 

外食やジャンクフードなどには保存料などの添加物が多いとされていますので、できるだけ避けたほうが良いといえます。

 

また、アルコールの過剰摂取は月経障害や排卵障害をおこしますので、外食やジャンクフードなどと同様に積極的な摂取は控えたほうが良いです。

 

 

妊活を始めるとなったタイミングで葉酸サプリを飲むようにしましょう。

 

妊活し始めから妊娠3ヶ月までは葉酸を400μg以上とることを推奨されています。

 

 

妊活サプリおすすめランキング」というサイトに妊活を始めるのに必要なサプリメントがまとめられています。

 

私はこの中のベジママという妊活サプリを購入して、実際に試しています。

 

とても飲みやすいですし、不妊治療に使われるピニトールも入っているのでオススメですよ。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

仕事を辞めたタイミングと妊活
男の妊活ネットへようこそ!旦那さんと妊活するのは難しいという人は多くいます。やはり、妊活という前提で夫婦で活動するのはお互いに気を使ってしまいますよね。そこで、このサイトでは男の妊活情報をまとめていきます。