妊活に適している食べ物

妊活に適している食べ物

 

食べ物

 

妊活を進めるときには、食べ物にも気を付けることが大切です。

 

人間の体は、食べ物によって栄養やビタミンを摂取します。

 

 

腸で吸収された栄養やビタミンは、血液によって全身に運ばれていきます。

 

妊娠に大切な卵子や子宮などの働きも、食べ物によって大きく変わってきます。

 

 

妊活には体を温めること

 

妊娠したら体を冷やしてはいけないと、よく言われます。

 

しかし、妊娠してからではなく妊娠する前から、子供のうちから体を冷やさないことが良い妊娠につながります。

 

 

体の巡りをよくするために、血行を良くすることが大切です。

 

しっかりと栄養やビタミンが届くと、体の機能は健康に働いてくれます。

 

 

元気な卵子は妊娠しやすく元気な赤ちゃんに育ちます。

 

子宮の環境をよくすることで、しっかりと出産までおなかの中で守ることができます。

 

 

体を温める食材を摂りいれることが必要です。

 

ニンジンやカボチャ、ホウレン草などの緑黄色野菜を積極的に献立に取り入れます。

 

ショウガも体を温めてくれます。

 

 

しっかりとたんぱく質を摂る

 

女性は体型を気にして、たんぱく質を摂らないようにする傾向があります。

 

しかし、妊娠にはたんぱく質は欠かせません。

 

 

体の元となる血や肉を作ってくれます。

 

たんぱく質には、動物性のたんぱく質と植物性のたんぱく質があります。

 

肉や魚の動物性たんぱく質だけでなく、豆腐や納豆などの植物性たんぱく質もうまく摂りいれて、しっかりと食べたい食べ物です。

 

 

妊娠に向けて摂取したい葉酸

 

葉酸は妊娠してからではなく、妊娠を考えたときから意識して摂取したい栄養素です。

 

水溶性で熱に弱いために、体に取り入れるのが難しいので、意識して摂りたいものです。

 

葉物野菜だけでなく、イチゴなどの果物や大豆製品にも入っています。

 

 

妊活中はバランスよく食べることが大切

 

妊娠には、様々な栄養素が必要とします。

 

そのため、いろいろな食材を食べることで栄養素を摂りいれたいものです。

 

食べすぎや脂肪分に注意をし、和食中心のヘルシーな食事が健康な体を作り、妊活に最適な食事になります。